治療からアフターケアまでの情報です。


試してみて考える

仮性包茎の場合の、切らない包茎治療の方法について紹介をしました。
続いて、カントン包茎ですとか真性包茎の場合について紹介をしたいと思います。

皮をのばすことが出来る器具があるんです。
のばしていることで、包茎をなおすという効果を狙うことが出来るんです。
例えば毎日皮を伸ばすことで、段々と癖がついて皮が伸びてくることが考えられます。
そして繰り返し繰り返し行うことで、亀頭が出てくるようになるんです。

亀頭が出てきたら、生活に支障をきたすことがなくなります。

亀頭が出てきたときに、どのような状況になっているのか?という点も確認をしましょう。
仮性包茎になっていることが考えられるからです。
仮性包茎であれば、問題なく生活をすることが出来るのですが、
そこからさらに形を改善したいというのであれば、
仮性包茎の切らない方法にて、引き続き治療を行っていくというのもおすすめですよ。

切るのが怖いという時には、以上紹介した方法にて試してみるというのも良いですね。
そして、切らない方法で効果が出たらいいですし、出ない場合は手術を考えるということを、
忘れないでも欲しいです。

人それぞれ形が違いますし、包茎の状況も異なります。
そのため、必ず誰しも切らない方法で成功をするかどうか。
という点については約束が出来ないんです。

怖いという時にはまずは試してみる。という方法があるということで紹介をしましたが、
効果が出ずにもやもやするのであれば、
形成外科などに足を運んで、切る方法について相談をすることをおすすめします。

その際に切るのが怖いということを、素直に相談をすればよいと思います。
出来るだけ負担の少ない方法で、治療を行ってみましょうと先生も相談に応じてくれますよ。

ちなみに傷跡についてですが、傷跡は残ってしまいます。
しかしよく観察をしないと、分からない程度の傷跡におさえることが出来ます。
もし傷跡について心配をするようであれば、あわせて確認をしてみましょうね。




©2016 男の悩み・包茎治療 エントリ(RSS) and コメント(RSS)  レインドロップス テーマ