治療からアフターケアまでの情報です。


子供が3歳の時に包茎治療をしました。

男の子をお持ちのお母さん方、子供が包茎ではないかと、気にされた事はありますか。
真性包茎の場合は、包茎治療が必要になる場合もあります。
おかあさんと一緒にお風呂に入り、おかあさんが子供のを洗ってあげられる子供の時が、チェックするのに良い時期です。null
子供の体を洗いながら、オチンチンもきれいにしようねと言って、丁寧にやさしく見てあげて下さい。
子供の場合は、皮をかぶった状態が通常です。
皮を下げて僅かでも、亀頭が見えれば大丈夫です。
仮性包茎の状態なので、思春期までには自然に剥がれるそうです。
問題があるのは、全く包皮がむけず、亀頭が少しも見えない場合です。
そのせいで、おしっこが前に飛ばない事もありますので、トイレを上手に使えない場合があります。
このような時には、小児科で相談して見た方が良いでしょう。
亀頭炎や尿路感染を繰り返す場合もありますので、治療が必要な場合は、専門医を紹介してくれます。
私の子供が、真性包茎の状態で、3歳の時にはトイレをビショビショに汚すので、小児科で診てもらいました。
治療をした方が良いという診断で、子供の包茎治療をしてくれる病院を紹介して頂きました。
専門医の診断でも治療するという事になり、手術を受けました。
簡単な切開手術でしたが、3歳と幼いので、麻酔後の様子確認の為、一晩を病院で過ごし、翌朝に帰宅しました。
現在、子供は大学生になり、手術した事を覚えていません。
男の子が思春期に悩むより前の、小さい時に包茎治療して良かったと思っています。
男の子がおかあさんとお風呂に入る時期に、観察を続け、洗い方も教えてあげることをおすすめします。
治療の必要が無い場合がほとんどだそうですが、気になる時は、子供の時に診てもらっておくと安心できると思います。


©2016 男の悩み・包茎治療 エントリ(RSS) and コメント(RSS)  レインドロップス テーマ