治療からアフターケアまでの情報です。


包茎治療をして良かったと思えることは

包茎というのは、陰茎の先が皮をかぶった状態のことを言うのだそうです。
生まれたての赤ちゃんはみんな皮をかぶっていて、成長とともに剝けてくるのだそうですが、時にうまくいかずに皮をかぶったままの状態で大人になってしまう人もいるのだそうです。
性行為や子供を作るのには支障はないものの、半分しか剝けない仮性包茎という状態にある男性も多いそうで、そうした男性の多くがコンプレックスを抱えていると言います。
メンズクリニックで包茎手術を受ける割合は、日本が世界でもっとも多いそうですから、いかに日本の男性にとって深刻な問題となっているかがわかります。null
性行為にも子供を作るにも問題はないのなら、別にそのままでもいいのではと思うのですが、やはり包茎であることのデメリットはあるようです。
それが、尿路感染症をおこしやすくなるとか、確率は低いものの包茎でない場合に比べて陰茎癌になりやすいとか、性行為感染症をもらいやすいなどといったことです。
できればこうしたデメリットは解消したいと思ったとしても、不思議ではないでしょう。
それに、いつも包茎であるということが頭から離れないのであれば、それも精神衛生上どうなのだろうと思います。
そのため、包茎治療をしてもっとも良かったと感じるのは、気分的なもの、これで解消されたという解放感ではないかと思います。
常に心にわだかまっていたことが消え去り、もう心配する必要がないとなったときの人間というのは、スッキリした気持ちになるものです。


©2016 男の悩み・包茎治療 エントリ(RSS) and コメント(RSS)  レインドロップス テーマ