治療からアフターケアまでの情報です。


包茎の種類とそのデメリットと包茎治療

日本人男性の約6割から8割が包茎と言われています。
ほとんどの日本人男性が包茎ということです。
その為、包茎をそのままにしておく方は多いと思います。
しかし、包茎は多くのデメリットがあり、状態によってはそのままにしておくことは危険な場合もあります。
包茎は3つのタイプに別けられます。
日本人男性で一番多いタイプが仮性包茎です。
普段は包皮が亀頭を覆っています。
手で包皮を剥くことができます。
勃起した時は自然に亀頭が露出する場合、勃起した時でも、ほとんど皮が被ったままの場合など人によって違います。
性行為は行うことはできますが、亀頭が刺激に弱く早漏になりがちというデメリットがあります。
これはどの包茎のタイプの方に言えることですが性病になる確率が高いと言われています。
亀頭が包皮に覆われていると不衛生になりがちです。
包茎は雑菌や病原菌を繁殖させやすい環境にしてしまっているのです。
真性包茎は勃起したときもしていないときも包皮を剥く事ができない状態です。
そのままにしておくと亀頭や包皮が炎症が起こしてしまいます。
また、常に亀頭が包皮に覆われているため、亀頭の成長を妨げてしまいます。
この為、先が細い陰茎になりがちです。
カントン包茎は包皮を剥くことができますが、包皮の口が狭いので亀頭の下を締めつけてしまいます。
このままにしておくと包皮が元に戻らなかったり、水ぶくれのように腫れてしまう場合もあります。
皮膚が切れやすかったり、うっ血するなど大変危険な状態になる場合もあります。
このようにどの包茎のタイプもデメリットしかありません。
早急に包茎治療を行うのがいいでしょう。
包茎治療で一般的なのが包茎手術です。
手術といっても1時間から2時間ほどで終わりその日のうちに帰宅することができあまり体に負担をかけずに包茎治療をすることができます。
包茎治療を行えば包茎の様々なデメリットを解決してくれます。
包茎だと見た目、臭い、衛生面など様々な点から女性との性行為もうまくいかないことが多くなります。
女性との関係そのものも悪化してしまうでしょう。
包茎治療を行えば女性との関係も良好になり自分に自信が持てるようになります。


©2016 男の悩み・包茎治療 エントリ(RSS) and コメント(RSS)  レインドロップス テーマ