治療からアフターケアまでの情報です。


切らない包茎治療を試してみる

包茎というのは深刻な悩みかと思います。
皮がかぶってしまっていることで、清潔感にも欠けてしまう点がありますよね。
お風呂に入った時などを利用して、綺麗に局部を洗っているよという方も多いと思いますが、
なかなか皮がかぶっていると、中まで洗いづらいということもあるでしょう。
そうすると、段々と汚れがたまってきたりですとか、かすなどがたまってきてしまいます。
見た目もよくありませんし、かすや汚れなどから嫌な匂いがしたりもします。

形にも自信が持てないという点がありますが、匂いについてもとても気になってしまって、
さらに女性には見せられない。と悩みを抱えてしまうことが考えられます。

包茎治療が出来るということを話しましたが、
切るというのはなんだか怖いな。と一歩踏み出せないこともあるでしょう。
どうしても切らなくてはいけないのか?というとそうではありません。
切らない包茎治療というのもあるんです。

まずは先に切らなくても問題がないか、試してみるというのも良い方法ですね。
色々と方法があるので紹介をしていきましょう。

1つ目に貼って治す方法です。
条件があるのですが、手でむける場合に使用をすることが出来ます。
手でむいて、常にむけるようにするという方法です。
自然と皮がかぶってしまって、また手でむかないといけないという場合でも、
むく癖をつけることで、手でむかなくてもむけるようにすることが出来ます。

2つ目に装着をする方法です。
こちらも、手でむける場合に使用をすることが出来ます。
装着をしておいて、むき癖をつけるという方法です。
ころころと転がして、皮をむくことが出来るようになっていて、
手でむかなくても固定をしてくれるようになっています。

このように、仮性包茎の場合に有効な方法があります。
貼るタイプが良いのか?装着をするタイプが良いのか?
それは個人個人の使い勝手にもよると思いますので、どちらも試してみるというのも良いかもしれません。





©2016 男の悩み・包茎治療 エントリ(RSS) and コメント(RSS)  レインドロップス テーマ